初めての方へ

子供の発達発育に合わせて、
本来育つ能力を伸ばすことが大切。

初めての方へ

私たちは、子供の頃にたくさん身体を動かして遊びながら成長していきます。 しかし、最近のお子さんは、公園や空き地などの遊ぶ場所や、遊具も少なくなり、 また習い事や、学習塾に通う日が増えたことで、体を動かして遊ぶ時間も少なくなってきています。 結果、12歳頃までに発育発達しているはずの運動能力が低下してきました。

実際に文部科学省が調査した1985年と2010年の小学生を対象とした体力テストの結果を比較すると反復横とびを除くほとんどの種目で、 記録が下がっているとのデータもあります。 何もないようなところで転んだり、人ごみでよく人にぶつかったり、集中力が続かなく、 落ち着きがないなど日常生活でも、お子さんの変化に気がつくこともあります。 学校体育とは、本来子供の時期にたくさん遊んでいれば自然に発育発達する能力を見る為の一つの見方ですが、 今、私たちの子供の様子が変わってきています。

そしてもう一つの重要な要素として欠かせないのが、両眼視機能です。 実は身体を動かす前に必要な情報量の90%以上を集めているのが眼の役割です。

眼の役割

先にも紹介したデータのように運動能力の低下と同様に、生活環境の変化が両眼視機能に大きな影響を及ぼしています。

外で遊ぶことが少なくなり、ポータブルゲームやテレビゲームが主流になり、学習塾に通う時間も増えたことで、近い距離で眼を使う時間が増えました。今のお子さんは、身体を動かすために必要な情報を集めることも困難になってきているようです。

子供の運動神経が発育発達する為に必要な要素はたくさんありますが、例えば自転車の乗り方を覚えたり、 階段を登ることも実は運動神経のおかげです。本来は自分の身を守る為の能力と思っていただくと良いと思います。

参照:スキャモンの発育発達曲線

スキャモンの発育発達曲線

(両眼視機能を向上させるビジョントレーニング)

ビジョントレーニングとは、スポーツに必要な情報収集能力(両眼視機能)を高めるために考案されたトレーニングです。ここではビジョンとは眼の「見る力」と「見て判断して動く力」を合わせたものを言います。「見る力」は周囲の状況や動いているものを正確に見るために必要であり、「見て判断して動く力」は、見た情報を処理し、反応することでイメージした動きをするために必要です。身体が思ったように動かない際はこの力が足りないと言えます。その2つを高めることが目的のトレーニングです。S.K.I.Pではお子さんに映像を見せて、身体がすぐ反応できるためのトレーニングを取り入れています。

(高い運動神経を作るコーディネショントレーニング)

コーディネショントレーニングとはアスリートを育成するために考案されたトレーニングです。そのトレーニングによって定義された「コーディネション7つの能力」を高めることが目的となっています(下記参照)。7つの能力を高めることで運動神経はバランスよく向上すると考えられています。またゴールデンエイジと呼ばれる4歳から12歳の間に7つの能力の要素を含んだ運動をしっかりと行うことで、高い運動神経が構成されます。S.K.I.Pでは、このコーディネショントレーニングを取り入れた独自の論理的なプログラムを行う体育スクールです。

「コーディネーション7つの能力」

定位能力 相手やボールなどと自分の位置関係を正確に把握する能力
変換能力 状況に合わせて、素早く動作を切り替える能力
連結能力 関節や筋肉の動きを、タイミングよく同調させる能力
反応能力 合図に素早く、正確に対応する能力
識別能力 手や足、用具などを精密に操作する能力
リズム能力 動きを真似し、イメージを表現する能力
バランス能力 不安定な体制でもプレーを継続する能力

S.K.I.Pトレーニングプログラムは、ビジョントレーニングとコーディネーショントレーニングを取り入れたS.K.I.P独自の9つの要素から構成されます。

  • skipプログラム
  • 1ビジョン
    トレーニング
  • 2定位
    能力
  • 3変換
    能力
  • 4連結
    能力
  • 5反応
    能力
  • 6識別
    能力
  • 7リズム
    能力
  • 8バランス
    能力
  • 9複合
    スキル

1.は、両眼視機能を含めた能力の向上、 2~8はコーディネーション能力といって運動神経を伸ばす為のもの、 9は野球やサッカー等の実際の運動に必要な動きそのものです。

(運動の分野)

学校体育の鉄棒、縄跳び、マット運動、跳箱の練習に加えて、S.K.I.Pではサーキットトレーニングやコーディネーショントレーニングを行なっています。

(予習型の練習内容)

S.K.I.Pでは次にお子さんが必要とする運動を予測して行っていく予習型でスクールを勧めています。学校体育では、跳箱やマット運動、鉄棒等の内容を1年間でいつ頃行なうかを決めて授業の中で行なっていますが、これらは文部科学省が定める学校体育の要項に沿って進められています。その要項を参考に前もってS.K.I.Pの中で練習を行なっています。

S.K.I.Pを12歳までに経験することは、
その 経験した時間の分だけ、
お子さんにとって プラスとなり、
本来持っている
運動能力を引き出す結果となります。